終活ブログ

HOME//終活ブログ//夫の実家のお墓に入らなければいけない?

ブログ

夫の実家のお墓に入らなければいけない?

終活ガイド検定受講者さんからの質問


「夫は長男、実家にはお墓がある。私もそのお墓に入らなければいけない?」


事情は様々、、同様のお考えの人も少なくないかもしれませんね。


結論から・・「別のお墓に入ることは可能です」


ただ、多くの問題を解決しないといけないかもしれません。簡単ではないと思います。


墓

目次

夫の実家のお墓に入らない方法

墓石

選択肢としては、「夫婦で新たなお墓」「妻だけのお墓(個人・共同)」「妻の実家のお墓」など。

・「夫婦で新たなお墓を購入する」
まず購入費用の問題があります。決して安い買い物ではありません。
そして、実家のお墓の承継問題があります。特に長男の場合には、承継者の第一候補になるでしょう。その場合、後々2つのお墓を管理することになります。年間の管理費や法事の際のお布施などの費用も必要です。

・「妻だけのお墓(個人・共同)」
上記と同様に購入費、管理費、お布施などが必要です。
そして、妻個人のお墓を購入した場合、後々誰が承継するのかという問題が発生します。
夫?子ども?いづれにしても誰かが複数のお墓を管理することになります。

妻だけのお墓を希望する場合には、共同のお墓を選択したらよいかもしれません。
個人のお墓ではないので、承継の問題もなく、個々で管理する必要がありません。

・「妻の実家のお墓」
<〇〇家のお墓>となっているのに、名字の違う人が入れるのかという問題があります。
事前に妻の実家のお墓の承継者、菩提寺や霊園などのお墓の管理者に確認しておくことが必要です。「実家なんだから入れる」と思い込んでいて、後々トラブルにならないように。

・永代使用と永代供養について

【永代使用】(個人のお墓)
土地を永代に渡って使用する権利
「お墓を建てる時に支払う」

【永代供養】(共同のお墓)
預かった遺骨を永代に渡り供養
「一定期間遺骨を預かり合祀する場合と最初から合祀する場合があります」

様々な事情

家庭環境によって様々なお墓事情があるようです。

嫁姑問題、宗教的問題、死別問題、一人っ子問題、離婚・再婚問題、内縁関係問題・・・など。
嫁姑問題はタイトルのとおり「一緒に入りたくない」という意思表示になるのでしょうね。。


最近は、ペットのお墓が増加中ですが、人とペットが一緒に入れるお墓も少数ですが、増えつつあるようです。以前のセミナーで、ある女性が「夫とでなく、そこにペットと一緒に入りたい」とお話しされていました。



夫婦で宗教が違う場合

すでに寺院墓地にお墓をお持ちの場合には、別々のお墓に入ることになってしまうかもしれません。そのため、宗旨や宗派の制限がない公営墓地や民営墓地を新たに購入したほうが、一緒に入れて、後々のトラブル防止になるでしょう。

長男の夫が亡くなったが、妻は お墓を継ぐ必要は?

妻(嫁)の立場として先祖代々のお墓を承継することは可能ですが、いろいろ不安がありますよ。また再婚の可能性もあります。

このような場合、承継者の立場を夫の兄弟またはご自身の子どもに譲ることができます。
注意しなければいけないのは、再婚が現実的になってから承継者の立場を譲るほうがよいです。なぜなら万が一破断になってしまったら、夫のお墓にも実家のお墓にも入れなくなってしまう可能性があります。

1人っ子同士で結婚したが、お墓は両方相続?

2つのお墓を管理することになります。年間の管理費や法事の際のお布施などの費用も必要になり、負担が大きくなります。
そこで、「両家墓」といって、両家のお墓を1つにすることができます。どちらか一方のおはか、または新たなお墓にまとめます。

両家墓にするためには、お墓の引っ越し(改葬)の手続きが必要です。また墓地管理者に両家墓が可能かどうかを事前に確認しておく必要があります。

墓石には「両家の性を彫る」「どちらか一方の性を彫る」「好きな言葉を彫る」などの方法があります。

離婚・再婚を繰り返したが、お墓は?

今は1人の場合、子どもがいるかいないかで選択肢が変わってきます。

子どもがいない場合、共同のお墓に入る、実家のお墓に入るなどの方法があります。
ただ「おひとり様」です。誰が葬儀をやってくれるのか?埋葬してくれるのか?元気なうちに考え、誰かにお願いしておかないといけません。

子どもがいる場合、将来同じお墓に入ることを踏まえお墓を購入する。
もし子どもに迷惑をかけたくない、お墓は購入しないということであれば、上記の「おひとり様」として考えなければなりません。

再婚したが、先妻の居る お墓には 入りたくない場合?

夫の実家のお墓に入らない方法と同様に「夫婦で新たなお墓」「妻だけのお墓(個人・共同)」「妻の実家のお墓」などの選択肢が考えられます。

新たなお墓を購入した場合、夫がなくなったら「分骨」する、または元のお墓を改葬し、共同のお墓に埋葬する。
先妻の子どもがいる場合には、選択肢がかわるかもしれません。

内縁の妻とお墓の問題

「内縁の妻は、夫のお墓に入れるか? 」
お墓の承継者が許可するかどうかです。
夫が先に亡くなれば妻が承継者です。当然許可しません。
ただし、「公正証書遺言書」で『承継者を内縁の妻に』と指名することは可能です。
もし許可したとしても墓地の規約等により認められないこともあります。ご注意ください。

まとめ

どの選択肢も話し合いが必要ですね。
終活を意識している人の多くは「子どもに迷惑をかけない」が念頭にあると思いますので、子どもをはじめ残された家族のために考えておきましょう。

SHARE
シェアする

終活ブログ一覧