終活ブログ

HOME//終活ブログ//はじめて学ぶ訪問看護

ブログ

はじめて学ぶ訪問看護

訪問看護とは、看護師や療法士が居宅を訪問して、主治医の指示や連携により行う看護(療養上のお世話、または必要な診療の補助や自立への援助)のことを言います。


病気や障害があっても、住み慣れた家で暮らしたい、人生の最後は自宅で迎えたい、と望まれる方は多くいらっしゃいます。


でも、家族だけで、介護や医療ケアができるだろうか?とか、一人暮らしだけど大丈夫かしら?と不安になりますよね。そんな時に頼りになるのが訪問看護のサービスです。


地域で暮らす赤ちゃんから、高齢の方まで、全ての方にたいして、一人一人に必要な支援をしてもらえます。


訪問看護で提供できる


★療養上の世話とは、リハビリ援助・排泄援助・身体清潔への援助など。


★診療の補助とは、点滴の実施・その他注射類、在宅酸素の管理・人工呼吸器の管理・褥瘡(創)の処置など。


さまざまな相談への対応や指導も行います。


(すべての訪問看護事業所が何でも出来る訳ではない)

目次

訪問看護のサービス

医療関係者

訪問看護は主治医が必要と認めて=訪問看護指示書を作成することでサービスを受けられます。

訪問看護は、健康保険証を有している方なら誰もが受けることができる在宅サービスの一つです。

訪問看護は、主治医の指示をうけて、病院と同じような医療処置もおこないますし、自宅で最期を迎えたいという希望に沿った看護も行います。
看護師がが自宅に訪問し、悪化防止や回復に向けてお手伝いしてもらえるというわけです。


病気や障がいがあっても、
   医療機器を使用しながらでも
住み慣れた地域や住まいで最期まで
   暮らせるように
多職種と連携しながら
   療養生活を支援します。


看護には、健康状態の観察 病状悪化の防止 療養生活の相談やアドバイス リハビリや、点滴などの医療処置、

そして、痛みを和らげることや、お薬の管理、

そして、緊急時の対応や、主治医、ケアマネージャー、薬剤師さんなどとも連携しながら、療養生活を支援して頂けます。

訪問看護を利用するためには

介護保険や医療保険を活用し、ケアマネージャーと連携してサービスや支援計画を立て、訪問看護事業を行っている専門施設との契約を行うことで、訪問看護がスタートします。

では、訪問看護に来てほしいと思ったら、どうしたらいいのでしょうか? 
受診している医療機関や、お近くの訪問看護ステーション 又は地域包括支援センター 、介護保険や障害福祉の担当窓口などで、まずは相談してみてください。

訪問看護の利用は、「介護保険」と「医療保険」があります。

特養

訪問看護の利用には、介護保険が適用になる場合と医療保険で行う場合と別れます。

★介護保険の場合と医療保険の場合では、利用の仕方が少し違います。 
介護保険の場合ですと、ケアマネージャーさんが作るケアプランにそって、1回の訪問時間は、20分、30分、1時間、1時間半の4区分があります。

★医療保険の場合は、通常週3日まで、1回の訪問時間は 30分~1時間半程度です。
ただ、状態によって特別支持期間として毎日きてもらえることもあります。 

ご本人や、ご家族の希望を伺って、どの位訪問すれば良いか決めていきます。 


※介護保険になるか、医療保険になるかは、年齢などで決められていますので、担当窓口で確認が必要です。

介護保険で訪問看護を利用する場合

 (要支援、要介護認定が前提です)

「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当した方は、ケアマネージャーに相談し居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

まとめ

訪問看護をスムーズに利用するためにも、施設を見学してみたり、話を聞いてみたりするとどんな人が来訪してくれるのかイメージしやすくなります。

訪問看護施設も徐々に増えてきていますので、各自治体や近隣にある訪問看護施設を事前に調べておくことをお勧めします。

そして、訪問看護を提供してくれる、たとえば、訪問看護ステーションは、保健師さん、又は、看護師さんが管理者になって運営する事業所で、全国に1万か所以上あります。最近は、駅や街角でも訪問看護ステーションの看板を多くみかけるようになりましたので、とても利用しやすくなっています。 
他にも、病院や、診療所で、訪問看護部門を設けたり、外来部門が、兼任するなどして、サービスを提供しているところもあります。


頼みたいけどどこにいけばいいの?とか、こんな相談大丈夫?こんなサービスをしてほしいけど、どこでやってるのなど、そんな時は、お気軽に市区町村 障害福祉担当課の窓口で相談してください。
訪問看護だけでなく在宅サービスに関するさまざまな相談に対応していただけます。 













あなたの 心配が解消します!

誰に頼ったらいいのか…分からない方に朗報

【心託サービスの無料相談・資料請求を承ります】

面倒な手続、入院、介護、葬儀、お墓、相続、他

【お問い合わせ:資料請求】はこちら

気になる終活関連ニュース



終活ガイドCH【終活協議会】<YouTube>

在宅介護の59.7%が「老老介護」と判明!要介護となった原因は「認知症」がトップに【終活NEWS】


介護の時に気をつけていた体調管理とは?


【介護予防サービス】利用対象者|種類や内容|手続き方法を解説

SHARE
シェアする

終活ブログ一覧