終活ブログ

HOME//終活ブログ//はじめて学ぶ公証役場

ブログ

はじめて学ぶ公証役場

公証役場とは公証役場は法務局管内に置かれる官公庁です。

一般的には、オフィスビルに入っていることも多いので、国の機関とは思われない方もいますが、れっきとした官公庁です。

公証役場には「公証人」という人が常駐しています。
公証人は、元裁判官や検察官、法務局OBの法律実務におけるスペシャリストです。
公証役場には、公証人の他に、実務担当を行っている事務の方も常駐しています。電話対応や来客対応などを丁寧に行ってくれますので、法律知識がない方もご安心ください。

 

目次

公証役場の業務

公証役場では、主に以下の3つを行っています。

① 公正証書の作成

② 私署証書や会社等の定款に対する認証の付与

③ 私署証書に対する確定日付の付与
そして、本文読む。 中でも、公正証書の作成がメインといえます。公正証書とは、公証人がその権限において作成する公文書のことで、公正証書遺言や、任意後見契約の公正証書などがあります。

公正証書遺言の作成

公正証書遺言

公証人が公証役場で作成する遺言が公正証書遺言です。

法的な不備が出る恐れがなく証拠能力も高く、自筆証書遺言とは違い家庭裁判所での検認手続きを行う必要はありません。

公正証書遺言を作成する際に遺言者は公証人の面前で遺言の内容に間違いがないか確認する必要があります。

例えば、公証人が財産は誰に残したいの?などと質問して、遺言者がそれに答えるなどして確認していきますので、
弁護士や司法書士、行政書士などに遺言の原案を作成してもらった際もその内容をしっかり理解しておかなければなりません。

公証役場はどこでもいいの?

★遺言を作成する方が出向けるのであれば、全国どこの公証役場でも作成することができます。

お近くの公証役場がよい、と考える方が大半かと思います。お近くの公証役場がどこにあるか分からない方は、日本公証人連合会のホームページをご参照ください。


★公証役場に出向けない場合には?
外出が難しい方や入院されている方など、公証役場に出向けない方が遺言を作成する場合には、作成を担当する公証人にご自宅や病院に出張してもらうことができます。
ただ、この場合には、どこの公証役場でもよいわけではありません。各都道府県の法務局に所属していますので、
たとえば、東京都在住の方が埼玉県の老人ホームに入所することになり、当該老人ホームで遺言を作成する場合には、たとえ元近所の公証役場と親しくしていたとしても、
東京都の公証人が埼玉県の老人ホームに出張して職務を行うことはできません。この場合には、埼玉県の公証役場を探す必要があります。

どこの公証役場でも対応は同じ?

公証役場では各公証役場によって1人から数人の公証人が執務されており、どの公証人にも公正証書遺言の作成を相談することができます。

なお、公証役場に支払う手数料は法定されておりますので、どこの公証役場、どの公証人に依頼しても手数料額は同一となります。

先ほどの例にあったように、遺言者が病気などで、公証役場に行けず、公証人を自宅や病院に呼ぶ場合
①の公正証書の作成の公証人手数料が、通常の5割増しとなるほか日当や交通費がかかります。
  
そして、どこの公証役場、どの公証人でも対応は同じかというと、やはり個性や特色はあります。親身になって相談に乗っていただける公証人にお願いしたいところですね。

まとめ

公証人は、国の公務である公証事務を担う公務員ですが、国から給与や補助金など一切の金銭的給付を受けず、国が定めた手数料収入によって事務を運営しており、手数料制の公務員とも言われています。

公証人は、全国で約500名おり、公証人が執務する事務所である公証役場は約300箇所あります。
公証役場は簡単に言うと、様々な法律行為や権利についての証書を作成するところです。
管轄は法務局ですが、いわゆる普通の「市役所」とは体質が異なります。市役所に行っても公正証書は作れませんのでご注意ください。 











あなたの 心配が解消します!

誰に頼ったらいいのか…分からない方に朗報

【心託サービスの無料相談・資料請求を承ります】

面倒な手続、入院、介護、葬儀、お墓、相続、他

【お問い合わせ:資料請求】はこちら


気になる終活関連ニュース





終活ガイドCH【終活協議会】<YouTube>

老後に備えて資産運用は必要!関連知識や具体的な対策方法を徹底解説します


熟年離婚を準備するとき資金はどのくらい必要?離婚貧乏を回避しよう


年金のプロも実践!自営業やフリーランスが「節税しながら年金を増やす」方法!?

SHARE
シェアする

終活ブログ一覧