終活ブログ

HOME//終活ブログ//はじめて学ぶ障害年金

ブログ

はじめて学ぶ障害年金

公的な年金の1つで、病気や事故が原因で障害を負った方へ、国から年金が給付される制度であります。

障害者のための特別な手当と勘違いされている人も見えますが、実は老齢年金と同じ公的年金です。

65歳以前に初診日があり、病気やケガによって生活や仕事などが制限されるような場合に現役世代の方も含めて受け取ることができる年金です。

原則として20歳から65歳までの人がもらえ、うつ病や統合失調症等の精神疾患、ペースメーカーや人工関節を体に入れた方、人工透析を受けている方など幅広い障害が対象になります。

目次

【障害年金の基礎知識】

病気やケガなどで、日常生活に支障があったり、今まで通りに働くことが難しくなった場合などに、一定の条件を満たしていればもらうことができる公的な制度です。
視覚・聴覚・手足の不自由だけでなく、がんや高血圧、糖尿病による合併症や心疾患、うつや統合失調症などの精神疾患など、数多くの病気やケガが対象とされています。

しかし障害年金は、診断書の内容や書類の書き方によっては障害の等級が下がったり、支給してもらえなかったりすることも多くあります。行政の決定に不満がある場合は不服を申し立てることもできますが、一度出されてしまった決定を覆すのは、非常に困難です

【障害年金の対象となる傷病】

障害年金というと、肢体障害、目の障害、聴力の障害など外見でわかる障害のイメージが強いですが、実は様々な傷病が障害年金の対象となります。

しかし同じような症状でも、傷病名によっては対象外とされてしまうこともありますのでご注意ください。


★対象になる傷病
・目の傷病
白内障、緑内障、ブドウ膜炎、眼球萎縮、網膜色素変形症 など

・聴覚
メニエール病、感音性難聴、突発性難聴 など

・肢体
関節リウマチ、進行性筋ジストロフィー、人工股関節 など

・脳の傷病
脳卒中、脳出血 、脳梗塞など
・精神
統合失調症、うつ病、双極性障害、てんかん、知的障害など

・呼吸器疾患
気管支ぜん息、肺線維症、肺結核など

・心疾患、高血圧
狭心症、心筋梗塞、高血圧性心疾患、悪性高血圧症など

・腎疾患、肝疾患、糖尿病
慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性腎不全、人工透析、肝硬変、肝ガン、糖尿病、糖尿病性と明示されたすべての合併症 など

・その他
悪性新生物(ガン)、高次脳機能障害、化学物質過敏症、各種難病(強皮症、パーキンソン症候群)、その他難病など


SHARE
シェアする

終活ブログ一覧