終活ブログ

HOME//終活ブログ//エンディングノートセミナー@船堀(2/6)

セミナー

エンディングノートセミナー@船堀(2/6)

セミナーって、講師からの一方的な話になりがちですが、受講者さんから実例をお話していただくと会話がはずみ、なごみます!!流れとしてありがたいです。


将来の準備

 

目次

70代女性の受講者さん①

数年前から生前整理に取り組んでいます。

・物はコツコツ処分

・銀行の通帳は1つに

・思い出の写真は「1つの思い出につき2枚」

など。。

また、すでに葬儀場の予約を済ませ、今年は『元気なうちに遺影を撮りたい』と。

そして、延命治療についてもお話していただきました。

「延命治療を希望しない」旨をエンディングノートに書くことはよいと思うが、緊急搬送された場合、それを伝えられないのではないか?私はカードを財布に入れています。と。

そのような話の中から「保険証とセットにする」「主治医にも事前に伝えておく」などの意見も出されました。


★そう、終活は元気なうちに進めることが大切です。

延命治療のほか終末医療にはいろいろな選択肢があります。
ただ何らかの形で意思表示していても、その場になると家族の中で意見が違ったりして希望通りにならない可能性もあります。ですから事前に「本人の希望」を家族に伝え、話し合っておくことも必要ですね。

70代女性の受講者さん②

手元供養

旦那様のご遺骨を手元供養している~指輪のタイプ。


★手元供養=これは文字の通り、遺骨を粉骨してアクセサリーやオブジェなどにして手元に残しておくことです。










あなたの 心配が解消します!

誰に頼ったらいいのか…分からない方に朗報

【心託サービスの無料相談・資料請求を承ります】

面倒な手続、入院、介護、葬儀、お墓、相続、他

【お問い合わせ:資料請求】はこちら

気になる終活関連ニュース



終活ガイドCH【終活協議会】<YouTube>

あなたにとっての終活とは?【終活協議会】


〜病気・医療編〜 少しでも後悔を残さないための終活25の心得【終活の相談窓口】


パートナーと一緒にやりたい終活Top10

SHARE
シェアする

終活ブログ一覧