終活ブログ

HOME//終活ブログ//はじめてのお葬式

ブログ

はじめてのお葬式

お葬式のこと、知っているようで知らないことたくさんあると思います。


ここでは葬儀の基本からお伝えしていきたいと思います。


葬式


 

目次

終活を進める上で知っておかないといけないこと、、まず宗派ついてです。

墓

ご自分の宗派って意識してる人なかなかいらっしゃらないですよね。宗派を聞かれたら、「仏教です」と答える人も少なくないかもしれません。

でも葬儀とかお墓のことを考える場面には必要なことがあります。知らないとちょっと大変なことが待っています。というのも宗派によって様々な決まり事があります。

たとえば、宗派がわからず、本来の宗派とは別の寺院で葬儀をした、戒名をつけてもらった・・ということがあると、「葬式のやり直し、戒名のつけ直し、本来のお墓に入れてもらえない・・」といったトラブルが起こっています。

もし万が一わからない場合はまずは親御さんに聞いてみる。親御さんがわからない場合は親族に聞いてみてはいかがでしょうか。そして親族でもわからない場合は、お墓がある場合は菩提寺のお寺さんに確認しましょう。

その他、仏壇、お位牌、お墓にも宗旨・宗派の特徴が出ています。

お葬式がなぜやるのか、何のためにやるのか?など考えたことありますか?

供養

一般の方はほとんど考えたことがないと思います。

お葬式はなぜ行うのでしょうか?

・故人の供養(死者の霊を慰める)~なぜお金も時間もかけて葬儀を行うのか?やはり愛する家族の死亡者の霊を慰めるため。

・遺族の心のケア~「死」というものに向き合い「別れ」を受け入れる、心の整理のため。

・遺体の物理的処置(火葬・土葬)~腐敗してしまうので、葬式の流れの1つ

・社会的に故人の死を公にする~あまり会ったことのない親戚、仕事関係、友人、地域の交流関係にお知らせするため。(なかにはお知らせしたくないとい方もいるかもしれません)

一般的なお葬式の意味として4つが大きな意味としてあると思います。

時代とともに移り変わっていくお葬式の多様化しています。

どんあ葬儀

・一般葬~人が亡くなり、搬送、お通夜、葬儀、火葬の流れで、仕事関係、友人など一般の人が会葬するもの。

・家族葬~定義はありません。「小さな規模で家族で寄り添う葬儀」という意味合いで、葬儀社がネーミングしたもの(商品名)。

・一日葬~通夜を行わず葬儀のみを行うもの。

・直葬~亡くなった翌日(24時間経過後)火葬するもの。葬儀を行わない。

以前は一般葬が多かったと思いますが、家族葬、一日葬、直葬の葬儀が増えつつあるようです。

一般葬

一般葬儀の定義ってなに?

一般の会葬者がいる・・近所の方や仕事関係の方を呼ぶかどうか
看板を出す、広告を出す・・周知して行う


一般葬儀のメリット
・しきたりを重視して、参列者をおもてなしすることを重視する~直接お礼できる
・生前にお付き合いのあった方の思いを大切にする
・家族も知らない思い出を弔問客から聞くことができる
・一度に済ませることができるので葬儀後の弔問客の負担が軽減される


一般葬儀のデメリット
・準備が大変
・参列者に人数が増えるとゆっくり故人を偲ぶことが難しい
・人数の予想が難しく、お料理や会葬返礼品が足りなくなることもある


それぞれの家族に会う形を、家族で話し合って見つけていきましょう。

家族葬

家族葬の定義~ありません。

家族葬は安いとのイメージを持っている人も少なくないかもしれません。
が、、実際に利用した人の話によると「あまり安くない」ようです。

どういうことでしょうか?

祭壇、控室、寝台車、霊柩車などは利用します。
祭壇を多少小さくしたり、お花を少なくしたり、料理や返礼品が少なくなることはあるかもしれませんが、費用はそこそこかかってしまいます。

ここで問題になるのが、一般参列者の数です。
一般葬の場合は、会社関係、友人、地域の人々が集まって、香典を持ち寄り、みんなで手伝って、送り出すのが、日本の葬儀のあり方でした。(私の地元では今もあります)
香典のシステムが葬儀費用の部分で支えになっています。

一方、家族葬の場合、基本的には家族、親族のみの参列です。一般参列者がいたとしても、お手伝いも香典もお断りしてすべて家族が行うという葬儀になっています。

ここで「家族葬で~」と準備をしていたとしても一般参列者が多いと、『一般葬』と変わらない規模のお葬式になってしまいます。

元々、家族葬というのは、葬儀社が少人数の家族のために作った商品名だと言われています。



家族できちんと話し合っておかないとトラブルになることがあります。

実際にあった例です
・社会的な地位にあった人が亡くなり、家族葬を行った。ところが、生前にお世話になった人から「なんで知らせてくれなかった、お別れをしたかった」と遺恨を残す恐れがあります。

・「家族葬」を拡大解釈しすぎて、『兄弟にも知らせずに、一緒に住んでいる家族だけ』で葬儀を行った。これも大変大きな遺恨を残します。

このようなことは大変なトラブルになりかねません。後々親族の間にも亀裂が生じることになりかねません。ぜひご自分の愛する家族がどのような社会的地位にあったのか、どんなお付き合いをされていたのか、そういったことをしっかり踏まえた上で家族葬を決めて行って決めていただきたいと思います。

できれば生前にその方の意思を兄弟親戚親族に伝えておく、もしくは書き記しておく、我が家はこういう考えなので家族葬を行うことを伝えておくことも重要です。

その上で家族葬を選んだ実例もあります。
故人が歌が大好きだったので家族みんなで童謡歌いながら送り出したという素敵な家族葬もありました。

愛する家族が悲しむこと、故人と向き合うことができる素敵な家族葬ですが、後々トラブルを招きかねないことがあります。これは直葬にも同じことが言えます。
いろいろな葬儀の種類を知った上で自分家族・親族ときちんと話し合って決めましょう

直葬

直送って言葉聞いたことありますか?

そういわれても文字の通り、直接火葬場に行くこと?とイメージされた人も少なくないと思います。


直葬の流れ~
・亡くなった後、病院や自宅にお迎えに行きます。そして、移動先は自宅や葬儀社の霊安室です。
・通夜も葬儀も行いません
・24時間安置(法律で決まっています)
・納棺
・近親者とお別れ後出棺
・希望があれば、火葬場で宗教的儀式を行う


直葬には注意が必要です。
近親者だけで直葬を行う際、事前に直葬についてお知らせしておかないとショックを受ける人がいるかもしれません。また、亡くなったことを知らせないことにより後々問題になることもあり得ます。

ですから事前に近しい人には「直葬でやりたいと考えている、宗教的な儀式はやらないと考えている」との自分の意思を伝えておくことは大切です。特に親族が多い場合には問題が起きかねないということを踏まえて選択することが大切です。


直葬というのは火葬式といわれるものです。これは周りに伝えないで行ってしまうといろいろなトラブルになりかねないといわれています。家族だけでお別れをしたいという、これは家族葬にも同様のことがいえます。宗教的な儀式をしたくない、親族との付き合いの状況により呼びたくないということもあるかもしれません。

気持ちよいお見送りのために~

人が一人亡くなってその方をお見送りする方法、様々です。
故人が希望した方法であれば、よいお見送りです。
ただ、その方法には様々な意見が出るかもしれません。

そのような時のために、自分の意思を書き記しておくことが、残されたことを家族にとってトラブルを防ぐ方法になってくるとことを忘れないでください。










あなたの 心配が解消します!

誰に頼ったらいいのか…分からない方に朗報

【心託サービスの無料相談・資料請求を承ります】

面倒な手続、入院、介護、葬儀、お墓、相続、他

【お問い合わせ:資料請求】はこちら

気になる終活関連ニュース



終活ガイドCH【終活協議会】<YouTube>

【2021年最新版】終活はじめの一歩セミナー 〜初心者編〜


年々増加中の死後離婚とは?【終活の相談窓口】


終活の片付けは何歳から始めるべき?最適な時期と始め方を解説【終活の相談窓口】

SHARE
シェアする

終活ブログ一覧