終活ブログ

HOME//終活ブログ//はじめてのリビングウィル

ブログ

はじめてのリビングウィル

聞いたことありますか?

自分の考えを記しておきましょう。

リビング=生きている
ウィル=意思、遺言

生前の意思を示しておきましょう。

医療

例えば尊厳死を希望した場合、いくら治療しても治る見込みがない場合、ここで療打ち切りたい延命治療続けたくない~これをリビングウィル=意思表示といいます。

自分の意思は「ここまで」と文章で意思表示されている方もいらっしゃいます。しかし、それは家族やお医者さんに見せていないと意思表示を伝えることができません。また病状が進むことによって、その意思を伝えることが難しくなってしまいます。

そのためにリビングウィルを残しておくことの大切さを学んでおきましょう。

話し合い

延命治療をせずに自然の流れに任せたいのか?
親子で話し合って「延命治療をしない」ということを家族に伝えておきましょう。そうすることで『治療はここまでお願いします』という形でお医者さんにお伝えすることができます。家族と医療に関わってくれたお医者さんとは意思疎通をしておくことが大切です。そうしないと、自分の最後の願いが聞いてももらえないこともあります。

ちゃんと理解をしてくれるお医者さんや家族と話をしておくことだけでなくリびングウィルという意思を書面で残しておくことも大切です。

あなたが望むのはあなたの命の長さなのか?
命の尊厳なのか?
自分の意思がなくなってしまった場合、食べたり飲んだりできなくなった状態でも生きていたいのか?
自然の流れに任せて命の長さを全うしたいのか?

ご自分の意思をちゃんと書いておかないと人生を生きるということができない場合があります。ぜひ自分の考えをまとめておきましょう。それがリビングウィルです。
日本では欧米のようにリビングウィルが法制化されていなく、一般的ではない状態となっていますですが、患者さんの意思決定を大切にしたいという考え方のお医者さんは多くいらっしゃいます

医療関係者

厚労省や日本救急医学会では医療のガイドラインにおいて、リビングウィルを尊重すること謳っています。
人の終末期において、医療関係のお仕事としている皆さんは、一日でも長く生きてほしい、だから最善の治療したいと思っている事は間違いないと思います。それでも自己決定、患者さんの意思に従うという間で揺れ動いている、、医療関係の皆さんの悩ましいところだと思います。

きちんと意思を表明できる時からご家族そして医療に携わる先生達としっかりと話し合って自分の終末期について考えておくことが大切ではないでしょうか。ご自分のことだけど思わず家族の為にも考えておきましょう。

 





あなたの 心配が解消します!
誰に頼ったらいいのか…分からない方に朗報
【心託サービスの無料相談・資料請求を承ります】
面倒な手続、入院、介護、葬儀、お墓、相続、他
【お問い合わせ:資料請求】はこちら

目次

気になる終活関連ニュース




終活ガイドCH【終活協議会】<YouTube>

メルカリ生前整理セミナー


【2021年最新版】終活はじめの一歩セミナー 〜初心者編〜


〜人間関係編〜 少しでも後悔を残さないための終活25の心得【終活の相談窓口】

SHARE
シェアする

終活ブログ一覧