ブログ

HOME//ブログ//お墓基礎知識

ブログ

お墓基礎知識

墓

人が亡くなると、火葬して、骨壺に収める。


そして先祖代々のお墓もしくは新たにお墓を建てて、収める。


日本では、このような流れで供養されることが一般的です。


しかし、ライフスタイル、考え方の変化により、供養のスタイルも変化しつつあります。

目次

永代使用と永代供養

【永代使用】
土地を永代に渡って使用する権利
「お墓を建てる時に支払う」

【永代供養】
預かった遺骨を永代に渡り供養
「一定期間遺骨を預かり合祀する場合と
   最初から合祀する場合があります」
 
合祀というのは、遺骨は色々な人の遺骨とひとまとめにされ混ざった状態になり、
長い年月をかけて土に還るかたちで地面に埋蔵されます。

お墓には大きく分けて3種類あります。

墓石

寺院墓地~お寺の檀家になって、墓地を使わせてもらいます。

メリット:お寺による永代供養が期待できる
デメリット:お寺への貢献が必要なこともある


公営墓地~自治体が運営しており、東京都内には青山霊園、谷中霊園など多数あります。

メリット:宗旨や宗派による制限がない
デメリット:応募多く抽選になることがある


民営墓地~公益法人、宗教法人が管理

メリット:宗旨や宗派による制限がない
デメリット:公営に比べ若干割高になることもある

※石材店などが集まって公益法人として墓地を運営している例があります。

供養方法は「○〇家のお墓」以外にもいろいろ

霊園

ライフスタイル、考え方の変化により、供養のスタイルも変化しつつあります。

納骨堂

骨壺に入れた遺骨を収蔵しますが、安置の方法はロッカー式・棚式・仏壇式・お墓式に大別されます。また、お墓と同様に、寺院、公営、民営の納骨堂があります。

最近では、カードをかざすと遺影が出てくるなどハイテクな納骨堂がありますね。
比較的アクセスのよい立地の施設が多く、近代的な建物で、天候の影響を受けず、冷暖房なども完備されており、快適に参拝できることをうたっています。
 
「メリット」管理がされている
「デメリット」年間管理費用が掛かる ※永代供養使用は約10~30年(その後合祀)

設備資金が大幅に掛かり、負債を背負ってる場合もありますので注意が必要です。

樹木葬

墓石の代わりに樹木を墓標とする墓です。樹木だけでなく、芝生や花壇もあります。

「メリット」管理がされている
「デメリット」平均10~30年その後、散骨又は合祀

骨壺に入れて埋蔵されている場合には、10~30年後、散骨または合祀します。
ただ麻袋などで埋蔵された場合には自然に帰るという意味合いで埋蔵されたままになります。

埋葬・・・火葬せずにお墓に入れた場合をいいます。 
埋蔵・・・火葬してお墓に入れた場合をいいます。 
収蔵・・・納骨堂に納めた場合をいいます。

散骨

遺骨を粉末状にして、海に撒くことです。人気が出てきています。

基本的には水に溶ける和紙に粉骨を入れて、お花と一緒に船から海に入れます。
あっという間に水に溶けて花だけが浮かぶので意外とあっけないです。
また全て散骨してしまうと、何も残らないので、遺族にとっては寂しさだけが残ります。

「メリット」費用が比較的安価、後に残らない
「デメリット」残された方に不安も、粉骨や手元供養など、オプションが必要な事も
 
 
高倉健さんの主演映画『あなたへ』で、亡くなった妻から届いた手紙に「故郷の海に散骨してほしい」との思いを知って、漁船をチャーターして骨つぼから直接手でお骨を取り出して、散骨した場面がありました。
実際は船があるからといって、自分で散骨することは許可されていません。専門業者にお願いしないとだめです。
又、遺骨は原型のままで散骨すると、網に拾い上げられてしまい【死体遺棄事件】と騒がれる可能性もあります。
粉骨は1粒を直径2ミリ以下にまで粉砕しないといけません。

永代供養墓

永代供養墓は、永遠墓、永代供養塔などとも呼ばれます。
費用が比較的安価、お墓を継ぐ人がいない場合、承継者に代わって墓地の管理者が遺骨を管理、供養してくれるのが特徴です。
主に屋外の墓地を指すことが多く、地上に参拝用のモニュメント(像・塔・碑など)があり、遺骨は敷地内の納骨堂に納められます。
 
「メリット」費用が比較的安価 寺院が責任を持って管理 お彼岸法要など執り行ってくれる
「デメリット」 個人の墓ではない

様々な供養方法

・手元供養~文字の通り、遺骨を粉骨してアクセサリーやオブジェなどにして手元に残しておくことです。

遺骨からダイヤモンドを作ることができます。
体重60kg位の男性が火葬されると、1.5kgから2kgのご遺骨が遺されます。
遺骨から炭素を取り出して、加工してできるダイヤモンド最大0.2g。
シャツのボタンにも満たない大きさのダイヤモンドをアクセサリーなどにします。


・宇宙葬~遺骨をカプセルなどに納めてロケット等に載せ、宇宙空間に打ち上げます。

 
・送骨~ゆうパックでお寺に送ることによって供養してくれるシステムがあります。
申し込みをすると、代金引換便で「送骨セット」が送付され、骨壺を入れて送り返して供養してくれます。戒名をつけるなどオプションもあります。

墓終い

墓終い

墓を更地にしてお寺に戻すことですが、最近、増加しています。

冒頭でお話した通り、日本は少子化、核家族化が進んでいます。
そのことによって、子どもがいない、あるいはいても跡を継いでくれない、女の子ばかりである、などの理由で、後々にはお参り・管理してくれる人がいないということになってしまいます。
結論として墓終いをする人が増加しています。

ただ、墓終いには、親戚や住職への相談、理解が必要です。
そしてお寺への離檀料、墓石の撤去費用などが高額になることもあるので注意が必要です。
また、現在のお墓の管理者、新しいお墓の管理者、市町村と書類<「改葬許可申請書」「受入証明書」「改葬許可証」>のやり取りが必要です。

SHARE
シェアする

ブログ一覧