終活ブログ

HOME//終活ブログ//はじめて学ぶ葬儀

ブログ

はじめて学ぶ葬儀

お葬式のことって、知っているようで知らないことがたくさんあると思います。
葬儀の基本のきからお伝えしていきたいと思います。

終活を進める上で知っておきたいこと、まずは宗派についてです。
ご自分の宗派って意識していますか?
普通の日常生活を送っているうえで、宗派を聞かれたら「仏教です」と答える人は少なくないと思います。でも葬儀とかお墓の場合宗派を知っておくことが大切です。

でも実際に葬儀が始まる前の日でも自分の宗派がわからない人もいます。
普段の生活では困りませんが、お葬式の際にはその宗旨のよってお葬式の意味は変わります。宗派によってもそれぞれの作法や決まりごとがあるからです。
もし万が一宗旨宗派がわからないなら親戚に尋ねてみてください。もしもお寺にお墓があるならお寺様に確認すれば簡単です。

まずはご自分の宗派を知ることから始めてみましょう。


そして、何のために葬儀を行うのか?考えてみたことがある人は少ないと思います。普段は葬儀のことを考えることなく暮らしていますが、身近な方が亡くなって初めて葬儀のことを考えるというのが一般的でしょう。
何のために、時間とお金を使って葬儀をするのかわからないと思う方もいるでしょう。それでは葬儀の意味を考えてみましょう。

お葬式はなぜ行うのか

・故人の供養(死者の霊を慰める)
・遺族の心のケア(「死」というものに向き合い「別れ」を受け入れる)

葬儀はもちろん故人のため、故人を葬り供養するものと解釈している方も多いです。
ですが、残されたもの、家族の心理的な意味に重点を置く形で行われるものでもあります。
身近な人、愛する人が亡くなった事実を受け入れ、心の整理をつけるということでもあるのです。

・遺体の物理的処置(火葬・土葬)
勿論遺体はそのまま放置すれば腐敗していきます。ですので故人の遺体を物理的に処理するという意味も含まれています。

・社会的に故人の死を公にする
また葬儀は社会的な意味も含んでいます。親戚と連絡を取り、仕事関係や友人にも知らせることで個人と生前交流のあった人たちが集まって改めて故人が亡くなったことを認識するために儀式でもあるのです。

一般的なお葬式の意味として4つが大きな意味としてあると思います。

供養

目次

お葬式の多様化

多様化する葬儀

時代とともに移り変わっていくお葬式が多様化しています。
今までは一般葬儀というものがあります。これは故人が亡くなると、搬送があり、お通夜があり、葬儀、火葬という流れがあります。
近所の方、ご友人、会社関係など、一般の会葬者お迎えする葬儀が一般葬義です。

それに対して、家族葬、一日葬、直葬、密葬といった葬儀の方法もあります。

一般葬儀

一般葬儀のメリット
・しきたりを重視して、参列者をおもてなしすることを重視する~直接お礼できる
・生前にお付き合いのあった方の思いを大切にする
・家族も知らない思い出を弔問客から聞くことができる
・一度に済ませることができるので葬儀後の弔問客の負担が軽減される


一般葬儀のデメリット

・準備が大変
・参列者に人数が増えるとゆっくり故人を偲ぶことが難しい
・人数の予想が難しく、お料理や会葬返礼品が足りなくなることもある

家族葬

家族葬について定義はありません。葬儀会社が考えた商品名だと言われています。
「家族だけでやるもの?」とイメージされる人も少なくないと思います。
家族の心に寄り添うというネーミングで作られたものが家族葬です。

家族葬のメリットは落ち着いたお別れができる

家族葬のデメリットはお知らせをする人の範囲を考えなければいけません。会葬者の選別。

家族葬は安い?

「安く上がるんじゃないかなぁー」と家族葬を選択する人もいます。
しかし、実際は「結構高かった」という話聞きます。
実は家族葬は「安い」とは言い切れません。どういうことかというと、寝台車、祭壇、控え室、霊柩車、お花も使う・・祭壇は多少小さくなるかもしれませんが、一般葬とは変わらない一式で葬儀を行います。接待の料理や返礼品が少ないだけです。

少人数の家族葬であれば費用は抑えられますが、一般会葬者が少なく、お香典をお断りする場合もあります。手元からの出費が必要です。
家族葬プランにもかかわらず、多くの会葬者があり大きな家族葬になってしまった例もあるようです。
そこで一般葬の場合、お香典のシステムが助け合いの意味で成り立っています。近所の人、友人、会社関係者が、お香典を持ち寄り、手伝い、励ますことが日本の葬儀のあり方でした。
お香典により葬儀費用の一部を補填できます。

誰に来てもらう?

家族だけ葬儀を済ませたものの、故人はとても社会的な地位にあった方で、「生前、大変お世話になったのに、なんで教えてくれなかったのか、お別れをしたかったのに・・・」と、後々弔問客が続々と・・ということもあります。

なかには家族葬というものを拡大解釈しすぎて、自分と一緒に住んでいる家族だけで葬儀を済ませた。兄弟姉妹にも知らせなかったと言うことがありました。
これはとても大きな遺恨を残します。後々親族の間にも亀裂が生じることになりかねません。

ぜひ自分の愛する家族がどのような社会的地位にあったのかどんなお付き合いをされていたのかそういったことをしっかり踏まえた上で家族葬を決めて行って決めていただきたいと思います

できれば生前に自分の意思を兄弟親戚親族に伝えておくもしくは書き記しておく、
または我が家はこういう考えなので家族葬で行うって言うことを伝えておくことが重要です。その上で家族葬を選んでいただきたいです。

一日葬

・一日葬のメリット
1日で葬儀を終えられるため、喪主や遺族の負担も軽くなります。また、葬儀が1日で終えられるため、遠くに住む遺族に宿泊先を手配する必要もありません。食事や会葬礼品などの用意も、遺族や少ない参列者の分だけを用意することになります。

・一日葬のデメリット
1日のみの葬儀となるため、参列者が限られることが挙げられます。また、仕事のある方は葬儀に参列できなくなることも少なくありません。遺族のほかに大切な参列者がいる場合は、都合がつくかどうかを事前に確かめておく必要があります。
お通夜がなくなるだけでそれ以外の流れは通常の葬儀とほぼ同様になります。

直葬

通夜や葬儀・告別式を行わず、火葬のみを行うものです。安置施設へ搬送、安置した後、通夜や葬儀・告別式を行わずに火葬します。

・直葬のメリット

通夜、葬儀告別式を行う場合、会葬者へお料理などの振る舞いや会葬御礼、香典返しの品物を用意する必要があります。儀式を行う上で祭壇や葬儀式場、霊柩車やマイクロバスなども必要です。。直葬はそのような用意が一切不要なので費用を抑えることが可能です。また二日間で執り行うのではなく、およそ半日で終えることができるため、時間的な負担も軽減することができます。※火葬場によってはおよそ二時間ですべて終えることも可能です。

・直葬のデメリット

通夜や告別式など儀式を行わないので、ご家族であっても十分なお別れの時間を取ることができません。また会葬者をお迎えするのに必要な、受付や式場がないため近親者以外の弔問を受けづらい葬儀形式となります。

直葬の流れ

通夜・告別式を行わないと、流れ作業のように火葬されるイメージされるかもしれません。
①お亡くなりになった後、病院から自宅や葬儀会社の仮安置所で安置
※安置について、基本的には亡くなってから「24時間」安置しなければなりません。(法律で決まっています)

②その後、火葬場へ
直葬なので「読経もお焼香もなし」というスタイルですが、ここでオプションとして宗教的な儀式を行うこともできます。


ここで注意が必要です。
直葬の場に近親者を呼ぶ場合、事前に「このような形の葬儀」という旨を伝えておく必要があります。なぜなら、一般葬に馴染みのある人にとっては、「お焼香、納棺、出棺」といったお別れの時間が少ないことで、ショックを受けてしまう人がいるかもしれません。
後々、親族が多い場合には問題になる可能性もあります。

直葬を選択する理由は様々です。
「家族だけで~」「宗教的な儀式はしたくない」「親族との付き合い」「交流関係」など・・・

生前に「こういう理由で直葬でやってほしい」という意思表示をしておくことが大切です。

密葬

密葬は、限られた方のみにお知らせを行い、それ以外の方には本葬をご案内します。近親者を中心に1度きり行う家族葬とは、実は全く別のものなのです。

例を挙げると、有力者や有名人などが死去した際、準備に時間が掛かる(大規模な)本葬を行う場合に、それに先立って行われる内輪での葬儀を指していたが、今では、単に通常と比べて小規模に行われる葬儀を指すことが多い。この場合、本葬は行われないか、社葬など別の形をもって執り行われることもある。

密葬と家族葬の違い

密葬~後にお別れ会や社葬として本葬が行われる。
家族葬~家族中心に送りたい葬儀

密葬の流れ

散骨

基本的にはほかの葬儀の流れと変わりません。

1.参列する人を厳選して通知する(拡散しないように情報規制をしっかり行う)
2.宗教者にお経を上げてもらい、焼香する
3.花を手向けるなどお別れをして出棺する

密葬は、式典を行う場合と取り急ぎ火葬のみで一旦済ませて本葬を段取りする場合があり、大々的に行わないという関係から、供花や供物を受けるのも一部からのみとなります。

まとめ

葬儀、、「自分が亡くなって、見送ってもらう儀式」かもしれません。でもその儀式を行うのは、『残された家族』です。その家族にはまだ人生があります、人とのお付き合いがあります。そのことを踏まえて葬儀の方法を考えておきたいですね。










いろんな不安がある あなたへ!

家族代行サポートを利用していますか

【心託サービスの無料相談・資料請求を承ります】

面倒な手続、入院、介護、葬儀、お墓、相続、他

【お問い合わせ:資料請求】

気になる終活関連ニュース



終活ガイドCH【終活協議会】<YouTube>

家族葬って何人まで参列できるの?【終活クイズ】


日本の葬儀について【終活クイズ】


親と確認しておきたい葬儀の方法とは?

SHARE
シェアする

終活ブログ一覧