終活ブログ

HOME//終活ブログ//はじめてのデジタル生前整理

ブログ

はじめてのデジタル生前整理

皆さんは自分にとってデジタルの生前整理は関係ないと思ってませんか?
「○○PAY」やマイナンバーカードなど、全てをデジタルで集約していこうという動きが始まっています。スマートフォンの中では「○○PAY」のお金や個人情報が多数保管されています。

デジタル生前整理

そこで情報やデジタルの生前整理について考えてみましょう。

『スマホを残したまま死ねますか?』

スマホ、パソコンなどはID・パスワードがわからないと開くことができません。

若い娘さんを亡くしたお母さんからのお話です。娘さんの友達の連絡先全てをスマホの中に入れていたそうです。最近は手書きのアドレス帳を持たなくなりましたよね。
連絡したいお友達たくさんいるのに、スマホを開けたくても開けられないといったことがありました。

アドレス帳

今、ネット上の銀行、証券、保険、クレジット・・・多数あります。
スマホ、パソコンが開けないので、口座の把握も、手続きもできません。。

これを開けるとなると大変なお金がかかってしまいます。
記録を残しておくことの大切さ家族を守るためにも知っておきたいです。IDとかパスワード、ネット上の取引があるのならば口座番号等を必ず紙に書いて残しておくことが必要です。その時のために活用していただきたいのはエンディングノートです。またパスワードを変更したときには書き直しも必要です。

IDとかパスワードをスマホやパソコンの中に一覧表を残してある方がいます。ご自身が元気なうちはよいのですが、亡くなった後、遺された家族が苦労した話は少なくありません。

またSNS、 Facebook、Google・・・アカウントの処理も大切です。
このアカウントも削除しないと生きたままになってしまいます。
アプリによって処理の方法が異なりますので、確認しておきましょう。

自分にもしものことがあったときにどうするのか考えてきましょう。
あなたの財産家族を守るために、大切な情報をスマホやパソコンの中に残したままにすると大変なことになりかねないと言うことを知っておきましょう。

エンディングノートに記録するのはいいけど「生前は見られたくない」という想いもあると思います。
そのような時には、見られたくないものは封筒に入れてエンディングノートに挟んでおきます。

書いておく

もしもの時に困らないように~
エンディングノートの存在を家族と共有する。
生前に見られたくないものは別紙に書いて封筒に入れておく。

 





あなたの 心配が解消します!
誰に頼ったらいいのか…分からない方に朗報
【心託サービスの無料相談・資料請求を承ります】
面倒な手続、入院、介護、葬儀、お墓、相続、他
【お問い合わせ:資料請求】はこちら

目次

気になる終活関連ニュース



終活ガイドCH【終活協議会】<YouTube>

【終活の基本】終活は誰のために?何からはじめるといい?


生前整理のコツとノウハウ【終活の相談窓口】



終活の片付けは何歳から始めるべき?最適な時期と始め方を解説【終活の相談窓口】

SHARE
シェアする

終活ブログ一覧